/

この記事は会員限定です

パキスタン新政権、経済再建なるか 弱い連立基盤に不安

[有料会員限定]

隣国インドと緊張関係が続く南アジアの大国パキスタン国会で4月、イムラン・カーン首相(69)に対する不信任案が可決され、カーン氏率いる連立政権が崩壊した。国会での指名投票の結果、最大野党パキスタン・イスラム教徒連盟シャリフ派(PML-N)党首のシャバズ・シャリフ氏(70)が新首相に選出された。シャリフ氏は野党第2党のパキスタン人民党(PPP)や小政党と連立を組み、巨額赤字やインフレ、通貨パキスタン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1890文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン