/

この記事は会員限定です

憲法審査会に「政局の崖」 改憲の本格論議は衆院選後

編集委員 清水 真人

[有料会員限定]

通常国会も後半に入り、衆院憲法審査会がやっと動き出した。野党内力学の微妙な変化などを背景に、憲法改正に向けた手続き法である国民投票法改正案の採決を巡る駆け引きが活発化。衆院解散・総選挙も近いため、幅広い合意の形成は容易ではなく、「政局化」の瀬戸際で攻防が続く。改憲本体の本格論議は衆院選後に持ち越す。

「枝野代表、議論を」と安倍氏

「立憲民主党の枝野幸男代表は『安倍晋三が首相の間は(改憲の)議論はし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2842文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン