/

この記事は会員限定です

共有データもとに新材料開発 情報科学でライバル協力

[有料会員限定]

情報科学の力で材料開発を加速する「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」という研究手法がある。物質・材料研究機構(茨城県つくば市)は化学会社と共同で作った材料データベースを活用し、MIを駆使して新材料を高精度で予測するプロジェクトを進めている。

MIは材料の組成や加工プロセスの情報をもとに、機械学習を使い材料の物性を予測する。これまでにない新材料の開発などにつなげようと、世界の素材メーカーが研...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り678文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン