/

この記事は会員限定です

視覚障害者向けMaaSを実証 デジタル技術で歩行支援

科学記者の目 編集委員 吉川和輝

[有料会員限定]

目の不自由な人が慣れない場所でも安心して歩けるようデジタル技術で支援する試みが進んでいる。全日本空輸(ANA)は損害保険ジャパンやホンダ発のスタートアップなどと組んで市街地での実証実験に乗り出した。移動に困難を感じる人たちのニーズに応える「ユニバーサルマース(MaaS、次世代交通サービス)」として早期の実用化を目指す。

ANAなどは神奈川県横須賀市で、視覚障害者の歩行による自律的な移動を手助けす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1623文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン