/

この記事は会員限定です

金融庁報告書への疑問 「価格重視」は本当なのか 

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

個人投資家が株式を買う動機はいろいろある。それを金融庁が勝手に推断して「小口の個人にとっては価格が最も重要な要素である」と決め付け、それをもとに取引ルールを整備されても、投資家は困惑するだけではないのか。金融庁の金融審議会「最良執行のあり方等に関するタスクフォース」(座長=黒沼悦郎早稲田大学大学院法務研究科教授)が5月18日にまとめた報告書案は、いろいろな意味で問題含みだ。詳細に点検したい。

いき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3721文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン