/

この記事は会員限定です

天皇の「和解の旅」から見えるもの

編集委員 井上亮

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

天皇、皇后両陛下が22、23日の両日、国民文化祭出席などのため沖縄県を訪問された。新型コロナウイルス下で地方訪問が難しい時期が続いたが、本土復帰50年の節目の年に令和初めての同県訪問が実現した。

平成時代と同様、両陛下は那覇空港に到着後、まず糸満市の平和祈念公園に向かい、国立沖縄戦没者墓苑で花束を手向け、戦没者遺族に声をかけられた。沖縄の戦争に向き合い、慰霊を続けることは天皇家に引き継がれた〝義...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2728文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません