/

この記事は会員限定です

脱炭素政策の理想と現実、進まぬ議論

科学記者の目 編集委員 滝順一

(更新) [有料会員限定]
<訂正>「日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談役協会」とあったのは、「日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会」の誤りでした。

「まだこんな議論を」。参加者の一人がこう漏らした。2050年のカーボンニュートラルに向けて再生可能エネルギーや原子力発電のありようを議論する経済同友会主催のオンライン会議でのことだ。再生エネ100%でいけるか。原子力や火力にも依存するか。これまでも繰り返されてきた議論だった。30年後の脱炭素が国の目標に掲げられた今なお国民的な議論は未成熟だ。もうひとまわり議論を深く広くするにはどうしたらよいのか考...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2370文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン