/

この記事は会員限定です

良いDXは「ハピネス」次第 プラットフォーム成功の鍵

本社コメンテーター 中山淳史

[有料会員限定]

日本電産や、米アップル製品を受託生産する台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業がそれぞれ電気自動車の主要部分や車体を製造するコンソーシアム(企業連合)をつくる構想を打ち出した。

デジタルプラットフォーマーへ好機

20~1500社の部品会社を束ね、いわゆる「水平分業型」というやり方で、「垂直統合型」の自動車メーカーに対抗するものだ。当然、車の所有者や走行中のデータを集める「デジタルプラットフォーマー(モノとインター...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1988文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

中山 淳史

自動車、電機など産業動向、経営トレンドに精通。編集委員、論説委員などを経て2017年2月より現職。「GEと東芝」「移動の未来」などで講演多数。2001年の米同時テロをニューヨーク駐在時に取材。アルゼンチン留学も。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン