/

この記事は会員限定です

特許活用と企業の収益性(10) イノベーション促す次善の策

早稲田大学准教授 大西宏一郎

[有料会員限定]

これまで見てきたように、特許の取得や権利行使にはある程度の費用が必要です。このため中小企業が特許制度を利用する割合は低くなりがちです。一方で、従来の研究から企業規模にかかわらず、特許取得は企業の収益性を高めることがわかっています。また、スタートアップ企業では資金調達面でも有利に機能し得ることを説明しました。

こうした点は大企業だけでなく、中小企業やスタートアップ企業も含め、特許の活用が企業のパフォ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り625文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン