/

この記事は会員限定です

特許活用と企業の収益性(8) 売買市場が高める流通価値

早稲田大学准教授 大西宏一郎

[有料会員限定]

特許発明を活用した製品やサービスの提供ではなく、特許の権利行使だけを目的として活動しているPAE(Patent Assertion Entity)と呼ばれる企業が存在します。PAEは主に他社から購入した特許を使って、いろいろな企業を権利侵害で訴えることで収益を上げています。

かつては「パテント・トロール(特許の怪物)」と呼ばれていましたが、侮蔑的な意味合いが強いことから最近では使われなくなっていま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り644文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン