/

この記事は会員限定です

特許活用と企業の収益性(7) 「特許の藪」が新規参入を阻害

早稲田大学准教授 大西宏一郎

[有料会員限定]

これまでは特許の収益化について説明しましたが、ビジネスとして特許制度を考える場合、自身が他社の特許を侵害するリスクも考える必要があります。

ある日突然、特許侵害で他社から警告を受ける恐れはどの企業にもあります。ICT(情報通信技術)関連やソフトウエアなどでは、多くの企業が細切れに多数の特許を持つ「特許の藪(やぶ)」が存在します。こうした分野ではそのリスクが大きくなります。あまりに多数の細かな技術が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り644文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン