/

この記事は会員限定です

特許活用と企業の収益性(4) スタートアップに大きな影響

早稲田大学准教授 大西宏一郎

[有料会員限定]

非上場の中小企業が特許を取得すれば、どの程度の恩恵がもたらされるのでしょう。それを考えるには、特許取得件数が多くなく、事業範囲も狭いスタートアップ企業を対象とするのが有用です。特許が有効に機能するなら、企業の収益性や成長性などとの関係を直接観察できそうです。

ただし、スタートアップ企業は存続し続けること自体が経営課題といえます。存続し続けている企業だけを分析した場合、パフォーマンスが過大に推計され...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り643文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン