/

この記事は会員限定です

特許活用と企業の収益性(2) 取得・管理に多大な費用と労力

早稲田大学准教授 大西宏一郎

[有料会員限定]

そもそも特許で発明を独占するというのはどういうことでしょうか。特許の権利を民事の面で考えると、無断で発明を使った相手が使用できなくする「差し止め請求権」と、それによって被った被害を金銭的に請求できる「損害賠償請求権」で成り立ちます。

この2つの権利からわかるように、独占を守るためには自分で行動しないといけないのです。特許登録を契機に、競合他社が自主的にその発明の使用をやめればよいのですが、そうでな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り636文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン