/

この記事は会員限定です

「自主防衛」で揺れる台湾 デレク・グロスマン氏

米ランド研究所上級防衛アナリスト

[有料会員限定]

ロシアのウクライナ侵攻は中国による台湾侵攻の可能性と比較されている。台湾の欧州の戦争に対する関心と変化は見逃せない。ウクライナの頑強な抵抗が示すように、小規模の治安部隊も大きな違いをもたらすからだ。

台湾の指導者がウクライナ情勢について熟考しているのは明らかだ。呉釗燮・外交部長(外相)は今月初め、米CNNのインタビューで「ウクライナから自衛について何を学べるかを考えている」と述べた。呉氏は戦略計...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1527文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン