/

この記事は会員限定です

仕組み債「謎の高金利」 情報開示不足に潜むリスク

お金を殖やすツボとドツボ(38)

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ハナ 父が証券会社に勧められている商品があるの。円建ての債券なんだけど、株価が今後一定の範囲なら高い金利がつくんですって。

岡根 それはたぶん「仕組み債」だよ。日経平均株価を参照指数とするタイプを簡略化して説明しよう。対象期間中に日経平均がノックイン価格(例えば現在の株価の7割)以下にならなければ元本が満額で償還されるうえ、年2%の金利がつく。でも償還するときに例えば4割下がっていたら、償還額は4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

お金の制約なしに人生の様々な選択ができる経済的自由(Financial Freedom)。それに近づくために必要な運用や社会保障の知識を、会話形式でわかりやすく伝えるコラムです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン