/

この記事は会員限定です

「共感力生かし格差縮める」 南山大准教授・小林氏

成長の未来図 識者に聞く

[有料会員限定]

世界で経済格差が広がり、人々の怒りが膨らんでいる。深刻化する不公平にどう向き合うべきか。行動経済学が専門の南山大、小林佳世子准教授に聞いた。

――人類にはもともと平等を好む本能があると主張しています。

「人類が進化の大半を過ごした狩猟採集社会では、腕のいい狩人も一人では獲物を獲得し続けることはできない。群れをなし、集団で捕った獲物を平等に分け合うことで生き残ってきた」

「現代人に名残は見受けられ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1123文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

成長の未来図

資本主義が3度目の危機にぶつかっている。成長の鈍化が格差を広げ、人々の不満の高まりが民主主義の土台まで揺さぶり始めた。戦前の大恐慌期、戦後の冷戦期と度重なる危機を乗り越えてきた資本主義は、また輝きを取り戻せるのか。成長の未来図を描き直す時期に来ている。

速報

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン