/

この記事は会員限定です

映画にAI脚本の新風 日本初、演出家らに刺激

編集委員 滝順一

[有料会員限定]

人工知能(AI)が作成した脚本をもとに短編映画づくりが進んでいる。AI脚本による実験的な映像作品は海外で先行例があるが、普通の観客が見て楽しめる面白さや親しみやすさと、人間と機械の共作から生まれるストーリーの新鮮さを兼ね備えた作品を目指している点で先駆的な挑戦だ。映画や映像コンテンツの制作に新風を吹き込む試みといえる。来年3月に大阪アジアン映画祭で公開を予定している。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2146文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン