/

この記事は会員限定です

専門人材の需要、コロナ禍で急増 賃金上昇広がる契機に

編集委員 水野裕司

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍は宿泊・飲食サービス業の就業者減など雇用に悪影響を及ぼしているが、前向きな変化も労働市場にみえる。人材サービス会社の調査によると、デジタル関連など専門性が必要な職種は求人数の伸びが顕著だ。専門的な仕事に転じることで収入が増える傾向も出てきている。賃金の長期停滞の打開につなげるために、雇用の流動化を後押しする政策がより重要になる。

人材サービス会社の調査データのなかには政府統計...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2402文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン