/

この記事は会員限定です

日本は安全な国なのか 相次ぐ「自爆犯罪」が示すもの

(更新) [有料会員限定]

大阪・北新地のビル放火殺人事件から1週間が過ぎた。25人もの命を奪った凶行の衝撃はいまも日本社会を揺さぶっているようにみえる。事件の前には、電車内での刺傷事件など無差別に市民を狙った事件が相次いだ。「安全な国」であるはずの日本で何が起きているのか。

犯罪自体は減っている。2020年に警察が把握した刑法犯は約61万件。ピークだった02年は約285万件だから、「激減」といえる。要因として、防犯カメラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り828文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン