/

この記事は会員限定です

強まる米安保規制 買収や調達、制裁対象の見極め難しく

編集委員 瀬川奈都子

[有料会員限定]

緊迫した国際情勢が続くなか、米国が財務省外国資産管理局(OFAC)による規制を強めている。国家安全保障上の懸念から、米国が制裁対象としている企業や人への資金の流れを断つのが狙いで、日本企業も無縁ではない。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

いち早く動いた米政府

OFAC規制は、安保を脅かすとして米大統領が指定した国、法人、個人の資産を凍結する義務を課すもの。イスラム主義...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1588文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン