/

この記事は会員限定です

iPS特許、第三者利用の可否裁定へ 元理研研究者ら請求

[有料会員限定]

理化学研究所などが持つiPS細胞関連の特許を巡り、理研の元研究者の高橋政代氏らが目の難病治療での利用を求めて経済産業相に裁定を求めていることがわかった。「強制実施権」と呼ばれる制度で、公共の利益に必要とされれば特許権者の許可なく第三者が特許技術を使えるようになる。国内初の審議で、特許保護と公共の利益の折り合いが注目される。

高橋氏が社長を務める医療ベンチャーのビジョンケア(神戸市)とその関連会社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1092文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン