/

この記事は会員限定です

新潟の三条市立大、知識と実践融合しイノベーション狙う

科学記者の目 編集委員 滝順一

(更新) [有料会員限定]

作業工具や刃物、洋食器など金属製品を作る工場が多数立地する新潟県の燕・三条地域に、新しい学びを目指す大学が2021年4月に開学した。イノベーションのタネを生み出す「テクノロジスト」育成を使命に掲げた三条市立大学だ。地域の企業群と連携して長期の現場経験をカリキュラムに導入し、「知識と経験を融合」させる新しい工学教育を目指す。

同大は工学部技術・経営工学科の単一学科で、1学年の定員は80人だ。機械工学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3030文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン