/

この記事は会員限定です

研究開発の成果に国が賞金 中村吉明氏

専修大学経済学部教授(産業政策)

[有料会員限定]

岸田文雄政権は成長戦略の第一の柱に「科学技術立国の実現」を掲げる。その一環として経済産業省の産業構造審議会研究開発改革ワーキンググループは3月にまとめた報告書に、国が研究開発に懸賞金を出す制度の導入を盛り込んだ。議論に関わった1人として、その意義を明らかにしたい。

日本ではイノベーションを起こすため、国が民間企業や大学に委託や補助をして研究開発を進めてきた。国が研究開発の概要や目標を示して公募し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り991文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン