/

この記事は会員限定です

ラテンジャズのオバタラ・セグンド、8年ぶり新作

[有料会員限定]

トロンボーン奏者の中路英明(58)率いるラテンジャズバンド、オバタラ・セグンドが8年ぶりの新作「オラシオン」を発表した。1997年にオバタラの名で旗揚げし、メンバー交代に伴って2007年に「第2期オバタラ」を意味するオバタラ・セグンドに改名。「さらに6~7年前にベースとドラムが交代し、以前とは違ったサウンドになった。現メンバーによるベストなラテンジャズを聴かせたかった」と中路は言う。

中路は世界...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り736文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン