/

この記事は会員限定です

中学入試の過去問 親の関わり、どこまで

受験考

[有料会員限定]

10月になると中学受験は「過去問」の時期に入る。子どもたちは一連の学習を終え、実践に取り組む。この時、高校・大学受験にはない問題も浮上する。それは「どこまで親が関わるか」だ。

例えば過去問の丸つけ。「点を取りたい」という気持ちから、点数をごまかしてしまう生徒がいる。過去問には合格最低点が記載されている。「問題を解く」よりも「得点を超える」に重点を置き、点を盛ってしまうのだ。保護者は期待もあり、気...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り548文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン