/

この記事は会員限定です

プーチン政権、大義なきドンバス侵略

[有料会員限定]

ウクライナに軍事侵攻したロシアは、当初の制圧目標を修正しているが、なお東部ドンバス地方の全域支配をめざしている。なぜドンバスにこだわるのか。

ドンバスとは通常、ドネツクとルガンスクの2州を指す。世界有数の炭田であるドネツ炭田の略称だ。この地域では帝政ロシア末期から炭鉱開発が本格化。ソ連時代はウクライナに編入され、炭鉱業、製鉄、冶金など重工業の中心地となった。ロシアからの移住者も多く、ロシア系住民...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り861文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

プーチン氏動向・解説

ウクライナ侵攻を決めたプーチン氏。米情報機関による分析、専門家・編集委員らによる解説記事をまとめています。最新情報も随時公開していきます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン