/

この記事は会員限定です

車載電池の投資、国は直接支援を 佐藤登氏

名古屋大学未来社会創造機構客員教授(材料工学)

[有料会員限定]

車載用リチウムイオン電池は、経済安全保障の重要なテーマとなっている。日本には科学と技術の融合により電池開発で世界をリードしてきた実績があるが、2010年以降は韓国・中国など海外勢の急速な追い上げにより、日本の競争力に陰りがみえている。

もっとも中国では電気自動車(EV)の火災事故が相次いでいる。米テスラのEVや、韓国製電池を搭載する現代自動車と米ゼネラル・モーターズ(GM)のEV、米フォードと独...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り958文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン