/

この記事は会員限定です

野村「日本株推し」の真意 7年ぶり海外キャラバン隊

編集委員 川崎健

[有料会員限定]

「キャラバン隊」を知る投資家もずいぶん減った。野村証券が1980年代に始めた海外投資家を訪問し、日本株を売り込む大規模マーケティングのことだ。その野村が「リビジット・ジャパン(日本再訪)」と銘打ち、29日から欧米5カ国を回るキャラバンを7年ぶりに実施する。海外勢の「ジャパンパッシング」が定着した今、なぜ野村は日本株を推すのか。

日本株の海外販売活動を「砂漠の行商」を指すキャラバンと呼ぶようになっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2529文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン