/

この記事は会員限定です

[社説]米量的緩和の縮小は手堅く

[有料会員限定]

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は22日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で、11月にも量的緩和の縮小開始を決めるとの見通しを示した。経済や市場、新型コロナウイルスの感染状況も見極めながら慎重に最終判断し、手堅く縮小を進めてほしい。

議長は9月分の雇用統計が「ほどよい」内容なら縮小開始の条件を満たすと述べた。市場が想定するシナリオを確認した形だ。

やや意外だったのは量的緩和の縮小...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン