/

この記事は会員限定です

セラシオ、革新かバブルか GAFA体制崩す競争を

本社コメンテーター 村山恵一

[有料会員限定]

米アマゾン・ドット・コムの電子商取引(EC)サイトで商品を売る事業者(セラー)を買収して成長させる。この「アグリゲーター」と呼ばれるビジネスを手掛ける大手、米セラシオが日本で第1号となる案件をまとめた。ゴルフ用レーザー距離計のブランド「ピンイーグル」事業の取得だ。

製品の企画・開発会社エクス・インプライズ(名古屋市)を経営する所淳一氏は2019年、アマゾンで距離計を売り始めた。注文管理や商品の発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1952文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

村山 恵一

IT(情報技術)、スタートアップをカバーする。シリコンバレー駐在時には、iPhone投入で絶頂期を迎えたジョブズ氏率いるアップルを取材した。編集委員、論説委員を経て2017年2月より現職。近著に「STARTUP 起業家のリアル」。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン