/

この記事は会員限定です

[社説]暗号資産の透明性向上を

[有料会員限定]

暗号資産(仮想通貨)交換所大手の米コインベース・グローバルが14日、業界で初めて米株式市場に上場した。

ビットコイン投機の規模拡大を警戒する見方がある一方、大手交換所の上場によって暗号資産市場全体の透明性が上がる効果も期待できる。

暗号資産全体の時価総額は2兆ドル(215兆円)前後と、ニューヨーク証券取引所上場株合計の30兆ドルの15分の1にすぎない。しかしコインベースの取引初日終値の時価総額は6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り563文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン