/

この記事は会員限定です

同一労働同一賃金の限界 企業に非正規のスキル向上促せ

編集委員 水野裕司

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

政府が非正規従業員の待遇改善策として、正社員との不合理な格差を禁じる「同一労働同一賃金」の徹底を掲げた。岸田文雄政権が重点を置く分配戦略の一環だが、何をもって格差を不合理とみなすかの基準は明確でなく、実効性には疑問符もつく。民間の賃金決定に政策で影響を及ぼそうとしても限界があり、能力開発の後押しなどに注力する方が処遇改善には効果的ではないか。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3524文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン