/

この記事は会員限定です

再エネで脱炭素、どう実現

長谷部佳宏氏/水本伸子氏/フランチェスコ・ラ・カメラ氏/大野正人氏

[有料会員限定]

温暖化ガスの排出を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」達成を目指し政府や産業界は再生可能エネルギーの拡大を急ぐ。第6次エネルギー基本計画では2030年度に電源構成の36~38%を再エネで見込む。現状のおよそ2倍だ。コストや自然保護との兼ね合いで急拡大の課題もみえてきた。

◇  ◇  ◇

「売れる分だけ作る」にシフト 花王社長 長谷部佳宏氏

今後の経済は量的な発展から質的な発展にシフトしなければ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3857文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン