/

この記事は会員限定です

政治改革にまい進 鹿野道彦氏死去

[有料会員限定]

1990年代前半、政界を席巻した政治改革の旗振り役のひとりとして脚光を浴びた。

180センチの身長も相まって、76年の初当選時から目立つ存在だった。自民党で「清和会(当時、三塚派)のプリンス」として将来を嘱望されていたにもかかわらず、二大政党制の実現を目指して94年に離党し、新党みらいを結党した。

政治改革をけん引した羽田孜元首相とは同じ農水族ということもあり、弟分的な役回りを担うことが多かった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り347文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン