/

この記事は会員限定です

「独立財政機関」もう1つの目 国会は動くか

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

国会に「独立財政推計機関」の創設を目指す超党派の議員連盟が発足した。内閣が示す中長期の経済財政試算に、国会が独自の推計をぶつけ、財政や社会保障の持続可能性を巡る議論の「複線化」を狙う。首相主導の政策決定に国会がどう向き合うか。統治システムの新たな均衡を探る試みでもある。

10日、東京・永田町の参院講堂。この超党派議連が発足勉強会を開いた。

自民党の林芳正元文部科学相「政府とは独立で国会が自ら推計を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1495文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン