/

この記事は会員限定です

財政の機能と役割(8) 長期停滞下の財政政策

神戸大学准教授 宮崎智視

[有料会員限定]

米ハーバード大学のローレンス・サマーズ教授が「先進諸国は長期停滞に陥っている」と指摘して以降、経済学者の間でも長期停滞に対する論争が盛んになされています。

長期停滞は、アーヴィン・ハンセン教授(ハーバード大学など)が、1930年代に過剰貯蓄と過小投資が米国経済の停滞をもたらすと警告した論文で最初に使われた言葉です。昨今の先進諸国で見られる過剰貯蓄と過小投資、その結果として生じた低金利と潜在成長率...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り633文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン