/

この記事は会員限定です

少子高齢社会、文化人類学から考える みんぱくが講演会

文化の風

[有料会員限定]

少子高齢化を受け、各国で変容しつつある家族のあり方を考える国立民族学博物館(民博、大阪府吹田市)の講演会「流動化する家族のかたち 少子高齢社会を文化人類学から考える」が11月12日、東京・大手町の日経ホールで開催された。オーストリアやインドの事例を日本と照らし合わせ、「家族」にどんな未来が待ちうけるのか研究者が意見を交わした。

不確実性増す現代

民博は毎年秋に日本経済新聞と講演会を共催しており、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1182文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン