/

この記事は会員限定です

[社説]年金改革は負担と給付の全体像を示せ

[有料会員限定]

年金改革の必要性を訴える声が政府・与党内で相次いでいる。今のままだと公的年金の1階部分にあたる基礎年金の給付水準が将来にかけて大きく目減りし、老後の生活を支える機能が弱まってしまうためだ。自民党総裁選を機に改革の議論を深めるべきだ。

総裁選に立候補した河野太郎氏は、今後の年金制度について消費税を財源とする最低保障部分の創設を打ち出した。公的年金は加入者の保険料を主な財源としつつ、基礎年金については...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り730文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン