/

この記事は会員限定です

有機農業の戦略的活用を 脱炭素目標と食料システム

香坂玲・名古屋大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○有機農業は温暖化ガス削減の有力な手段
○欧州では「地元産か有機か」のジレンマも
○生産や流通で農業技術革新を進める好機

脱炭素目標に有機農業が重要な位置を占めることはあまり知られていない。3月、農林水産省は食料や農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーション(技術革新)で実現する「みどりの食料システム戦略」の中間まとめを発表した。2050年までに耕地面積に占める有機農業の比率を25%(1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2613文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン