/

この記事は会員限定です

微細化を超える道を探れ 国産半導体復活の条件

中馬宏之・成城大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○個人に最適化した多機能半導体が中心に
○開発から製造のオープン化で環境が激変
○半導体技術者が集まる基盤づくり進めよ

社会の発展には、人々の個性・多様性の最大限の尊重と生活の質の向上が最重要である。そのため、多様な大衆一人ひとりに社会を合わせること、「マス・パーソナライゼーション」(MP)が必須となる。旧来は人々が社会に合わせていたが、これからは人に社会を合わせるのだ。このMP化は製品・サービ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2595文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン