/

この記事は会員限定です

[社説]外食産業は再生へ新戦略を

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で、最もダメージを受けたのが外食産業だ。想定を超えた逆風だが、思い切って事業構造を転換する機会でもある。

日本フードサービス協会(東京・港)によると、2021年の外食売上高はコロナ前の19年比で16.8%減。特に業態間の差が大きく、21年のファミリーレストランは19年比で29.7%減、パブ・居酒屋は同72.8%減と経営努力だけでは対応できないレベルだ。

有力チェーンの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り570文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン