/

この記事は会員限定です

大学の文系学部、人気回復へ実学でテコ入れ

追手門学院大学は文学部で建築授業

[有料会員限定]

大学の文系学部が学生の専門性や実践力を養う実学教育に力を入れている。異なる学問を組み合わせて課題を解決する授業などを展開。理工系学部に比べ志願者が減少傾向にある文系学部の人気を高める狙いもある。大手企業を中心に広がるジョブ型採用も影響しているようだ。

追手門学院大学茨木総持寺キャンパス(大阪府茨木市)の一角にある静かな教室。30人ほどの学生が建築を学ぶために製図板の上で図形を描く。実はこの学生た...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1665文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン