/

この記事は会員限定です

習近平長期政権がもたらす巨大なリスク

編集委員 中沢克二 ~「日本の論点2023」から

[有料会員限定]
2023年はどんな年になるのか。日本経済新聞のコメンテーターや編集委員がさまざまな分野から2023年を展望し、分析するための視座をこのほど出版した「これからの日本の論点2023 日経大予測」(日本経済新聞出版)から紹介する。

中国共産党総書記で国家主席の習近平が、第20回共産党大会を経て超長期政権への道を固めた。まず、「改革・開放」政策によって中国を豊かにした鄧小平の業績・評価を超え、そのうえで、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2094文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません