/

この記事は会員限定です

コロナ禍を機にPTA見直しを 浜名冬樹氏

金沢市立長坂台小学校PTA会長

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの流行は、さまざまな組織の存在意義を問う機会となった。私が会長を務める小学校のPTAもその一つだ。コロナ禍以前のPTA活動は前例踏襲主義が強く、任意といいながら実態としては強制的な拘束力を帯びる活動であった。全国を見渡すとごく一部、本当の任意活動に転換するPTAもあったが、多くはなかなか踏み切れずにいた。

コロナ禍で全国の小学校が休校になり、PTAも活動を停止した。従来であれば多...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り968文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン