/

この記事は会員限定です

「負の遺産」に学ぶ歴史との対峙

NIKKEI The STYLE 文化時評

[有料会員限定]

各地に現存する遊郭建築が関心を集めている。小部屋が並ぶ独特の構造、凝った装飾。訪れるのが建築ファンに限らないのは、アニメの人気作品「鬼滅の刃」で大正期の遊郭を舞台にしたパートが放映された影響も大きいという。

淀川沿いにある旧橋本遊郭(京都府八幡市)を訪ねた。1935年築の旧妓楼(ぎろう)(貸座敷)が改修され、2020年から旅館「橋本の香」として活用されている。木造2階建ての屋内はあちこちにステン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1773文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

NIKKEI The STYLE の名物コラム「文化時評」の記事サイトです。アート、文学、サブカルチャーなど文化・社会における旬の話題やニュースを論評します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン