/

6月末予想、兵庫の宮岸さんが首位 日経平均ダービー

読者が6月末の株式相場の予想を競った第155ラウンドの日経平均ダービーは、兵庫県西宮市の会社員、宮岸和明さん(51)がトップに立った。

金融機関で法人営業を担う宮岸さんは「新聞を長く読んできて気になっていた」というダービーに初めて応募。今年は新型コロナウイルス感染症の流行で市場格言が「セル・イン・ジューン(6月に売れ)」に後ずれしたとみて、軟調相場を読み当てた。副賞の図書カードは「高校生の娘と中学生の息子のために使いたい」と話していた。

2位には川崎市の上野正次さん(75)が入った。過去に複数の入賞歴がある上野さんは、2015年に4位となって以来の上位入りとなる。「新型コロナのワクチン接種の遅れや半導体不足による新車生産の低迷」などマイナス要素が株価の足を引っ張るとみた。朝夕刊の記事を読み込み、株式売買も手がけてきた経験が生きた。

3位は岡山県倉敷市の会社員、河枝世志美さん(47)だ。初参加での入賞に「びっくりした」と声を弾ませる。毎朝のウオーキングの後に新聞を読み、株式を1時間だけ売買するのを日課にしているという。

次回は9月末の予想を募集する。プロ部門1位だった松井証券の窪田朋一郎氏は「最も注意すべきは米連邦準備理事会(FRB)が量的緩和の縮小(テーパリング)を9月末までに始めることだ」と指摘する。「金融緩和が縮小する一方でコロナ感染に歯止めがきかなければ、経済再開が遅れて株安に振れる展開もあるだろう」と話していた。窪田氏は9月末の予想レンジを2万5000円~2万8700円としている。

【日経平均ダービー、次回は9月末の予想を募集】
次回の日経平均ダービーの予想締め切りは8月31日24時です。9月30日の日経平均株価終値の予想を募集します。1人1予想に限ります。複数応募や必要事項の記入漏れは失格になることがあります。
ここから応募できます。
入賞者には図書カードを進呈。1位は3万円、2位は2万円、3位は1万円、4位以下の入賞者には5000円です。ピタリ賞もあります。
【円・ドルダービー、次回は9月末の予想を募集】
次回の円・ドルダービーの予想締め切りは8月31日24時です。9月30日の東京外為市場の円・ドル相場(午後5時の終値、値幅の左側の数字)の予想を募集します。1人1予想に限り、複数応募や必要事項の記入漏れは失格になることがあります。
ここから応募できます。
入賞者には図書カードを進呈。1位は3万円、2位は2万円、3位は1万円、4位以下の入賞者には5000円です。ピタリ賞もあります。
日経平均・円ダービーでは、読者の皆さんの投票を募集しています。詳細は上記の募集要項をご覧ください。日経平均ダービーへの応募はこちら、円・ドルダービーへの応募はこちらから投票してください
*会員限定

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン