/

この記事は会員限定です

民主主義左右する海底通信網 戦時下で繰り返される切断

客員論説委員 土屋 大洋

[有料会員限定]

1927年9月、ソ連のウラジオストク日本総領事から外相に打電があった。フランス・パリで定められた海底ケーブル保護条約に関連し、労農赤軍の陸海軍が命令を出しており、それを翻訳したのでよろしく取り計らってほしいという内容である。外相は田中義一、労農赤軍とはソ連の軍のことだ。

ウラジオストクと長崎を結ぶ海底ケーブルは1871年に敷設されている。ソ連軍の命令は、そのケーブルが切断されないよう、不必要に海...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1351文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません