/

この記事は会員限定です

輸入通じた収益圧迫の懸念も 円安と日本企業

小川一夫・関西外国語大学教授

[有料会員限定]
ポイント
〇エネルギー関連の輸入物価の上昇が顕著
〇海外生産拡大で為替と売上高の相関弱く
〇円安による景気拡大効果は以前より低下

2022年春以降、急速に円安が進んでいる。本稿では、急速な円安が日本経済にどのような影響を与えるのか、日本企業への影響を中心にみていく。

まず今回の円安局面を21年1月から直近の22年7月までととらえ、その特徴を過去の3回の円安局面(①1995年5月~98年7月②99年12月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2573文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません