/

この記事は会員限定です

対コロナ、各国の価値観影響 円城寺記念賞受賞者論文

仲田泰祐・東京大学准教授

[有料会員限定]
ポイント
○感染対策と経済は単純な相反関係でない
○日本は死者数抑制に多大な経済損失受容
○コロナ下で生じた他の被害にも目向けよ

2020年12月から、感染症対策と社会経済活動の両立に関する研究をしている。標準的な疫学モデルに経済活動を追加して様々な分析をすると、感染症対策と経済は単純なトレードオフ(相反)の関係にはないことが見えてくる。

例えばワクチン接種が始まる前に、緊急事態宣言の解除基準を分析すると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2636文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン