/

この記事は会員限定です

金融機関、アートに接近 富裕層の感性触発して取り込み

編集委員 木村恭子

[有料会員限定]

2022年は、長期の超低金利政策やデジタル化を受けビジネスモデルの転換を迫られている金融機関を中心に、顧客向けにアートを活用する動きが加速しそうだ。アートを通じ、富裕層などの感性を触発しようとする機運が醸成されつつある。

東海東京フィナンシャル・ホールディングス子会社の東海東京証券が、日本橋高島屋三井ビルディング(東京・中央)の最上階に会員制サロン「オルクドール」を開設してから約3年がたった。ア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2954文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン